マイコ「チンスコウ好きだった」と告白!あのエロ男爵もぶっちゃけ暴露!!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
マイコ、沢村一樹、竹中直人監督

 女優のマイコが23日、都内で行われた映画『山形スクリーム』(竹中直人監督)の完成報告記者会見に出席し、映画の中で「チンスコウ~」と叫ぶシーンについて「チンスコウ好きだったので」とまったく抵抗なく演じることができたと語った。

映画『山形スクリーム』写真ギャラリー

 本作は山形のとある村を訪れた女子高生(成海璃子)が、800年間地中に埋まりゾンビ化した落ち武者(沢村一樹)に一目ぼれされてしまうというホラー・コメディー映画。竹中監督にとっては6作目の映画監督作となる。

[PR]

 今回、これまでの清純なイメージから一転し、男運に恵まれない女教師をテンション高めに演じたマイコは「むしろ自分の素に近かった」と一風変わった役柄をエンジョイした様子。現場では竹中監督から即興的に「チンスコウ」と叫ぶよう指示されたが、これもマイコにとっては楽しい経験だったようだ。

 一方、落ち武者を演じた沢村は「エロ男爵をこれだけ長く封印したのは初めて」とシリアスな役柄についてコメント。特殊メークや重たい甲冑(かっちゅう)、さらに空中浮遊用のハーネスの着用で、キャラクターになりきるまでに約2時間を要したが、「当時、お腹の調子が良くなくて……一度着た衣装を脱ぐわけにもいかず、いっそ伝説を作ろうかと(笑)」と撮影中、ちょっと汚い野望(?)を抱いていたと暴露していた。

映画『山形スクリーム』は8月1日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]