ゴールデンラズベリー賞を受賞したアメリカ版ゴジラ映画『GODZILLA』再びハリウッドで映画化か?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
アメリカでもゴジラは人気者 - Albert L. Ortega / WireImage / Getty Images

 日本で生まれた怪獣ゴジラをハリウッド映画化した『GODZILLA』。数々の大作映画を手掛けてきたローランド・エメリッヒ監督がメガホンを取るも、アメリカ版ゴジラ映画である『GODZILLA』は日本のゴジラファンには酷評され、ゴールデンラズベリー賞のワーストリメイク賞とワースト助演女優賞を受賞する結果となり、予定されていた続編も製作中止となった。『GODZILLA』の失敗で、ハリウッドでは二度と怪獣映画は製作されないのではといわれていたが、どうやら『GODZILLA』を再映画しようとしているようだ。

 映画サイトBloody Disgustingが伝えたところによると、大ヒット映画『ダークナイト』や『ウォッチメン』、『300』を製作してきたレジェンダリー・ピクチャーズが『GODZILLA』の再映画化を企画しているとのこと。再映画化の詳細は明らかにされていないが、1998年のローランド監督版『GODZILLA』を製作したトライスター(ソニー・ピクチャーズ傘下)とは異なった制作会社がかかわるので違ったものにはなりそうだが、再び日本のゴジラファンを落胆させるような映画は作ってほしくないものだ。また、『GODZILLA』再映画化は同じ怪獣映画『クローバーフィールド/HAKAISHA』の宣伝戦略成功による大ヒットがあったからとのうわさもあるが、続編製作が決まっていた『クローバーフィールド/HAKAISHA』も続編のアイデアがないということから製作保留になっていることが監督のマット・リーヴスの口から今年6月に明らかにされている。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]