柳楽優弥、ジョニー・デップを意識?大人の男性にイメチェン!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ちょっぴりジョニー・デップ風?

 16日、東京・新宿バルト9で映画『戦慄迷宮3D THE SHOCK LABYRINTH』の完成披露試写会が開催され、ヴェネチア国際映画祭から凱旋帰国を果たした清水崇監督と谷島正之プロデューサー、そして主演を務める柳楽優弥が舞台あいさつを行った。

映画『戦慄迷宮3D THE SHOCK LABYRINTH』写真ギャラリー

 この日の柳楽は、ハットをかぶり、ヒゲをたくわえた男くさい雰囲気で登場。さらに茶系の皮ジャンの下にシャツとベストを重ね着するという、一時期のジョニー・デップを意識したかのような衣装で、大人の男性へのイメチェンを披露した。そんな柳楽は、ヴェネチア帰りの清水監督をうらやましそうに見つめ、「(海外の)映画祭に行って、楽しみたい!」とコメント。史上最年少で男優賞を受賞したカンヌ国際映画祭への出席は経験済みの柳楽だが、大人に成長した今だからこそ海外をエンジョイしたいようだ。

[PR]

 そんな柳楽を喜ばせたのが、映画『戦慄迷宮3D THE SHOCK LABYRINTH』の世界配給決定のニュース。すでにオランダのフォルテシモ・フィルム社が本作の世界配給権を得ており、約50か国での上映を目指すことになった。谷島プロデューサーの口から、海外でのワールドプレミア開催を検討したいというコメントが飛び出すと、柳楽は久しぶりの主演作が世界に羽ばたく期待感に胸をふくらませていた。

 『戦慄迷宮3D THE SHOCK LABYRINTH』は富士急ハイランドにあるアトラクションを題材にした邦画初の3D実写長編映画。ヴェネチアでは約5分間の特別フッテージが上映され、清水監督も「お客さんの反応がとても良かった」と現地で好感触をつかんだ様子だった。

映画『戦慄迷宮3D THE SHOCK LABYRINTH』は10月17日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]