武田真治、星野真里のエプロン姿にときめいたことを告白!森下悠里には王子と呼ばれる

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
星野真里と森下悠里の美女に挟まれる武田真治

  26日、銀座シネパトスにて、映画『今日からヒットマン』初日舞台あいさつが行われ、主演の武田真治星野真里森下悠里深水元基黄川田将也、そして横井健司監督が登壇した。

映画『今日からヒットマン』

 本作で主演とテーマ曲を手掛ける武田は、登場するなりハイテンションで「みなさん本当にラッキーです! なぜなら僕らに会えたから!」とあいさつしたかと思うと「(劇場が)スカスカだったらどうしようかと……。僕はそんなにスターじゃないですから(笑)」と自虐的なコメントで観客を笑わせた。

[PR]

 一方、主人公の妻を演じた星野は武田の印象を聞かれ「怖いイメージがあったけど、接してみると真逆。よくしゃべって、よくちょっかいだしてくる人(笑)」と語ると、武田は即座に「星野さんのエプロン姿がすごくかわいかったんですよ!その姿にやられて、テンション上がっていました!」と告白し、「みなさんこれは要チェックですよ!」と見どころのひとつであることをアピールした。

 さらに森下も武田のことを「本当にやさしくて気配りして下さる人」と絶賛し、「女性はみんな陰で武田さんのことを王子と呼んでいたんです!」と明かした。すると武田は照れた様子で「僕の中で経験上、王子というあだ名がつく人はちょっとバカでわがまま、なんですが…」と苦笑。終始自虐的ジョークを連発して場を盛り上げ続けていた。

映画『今日からヒットマン』は、シリーズ累計150万部を記録する同名人気漫画を実写映画化したアクション作。ひょんなことから伝説のヒットマンの名を継ぐことになってしまった平凡なサラリーマンの主人公(武田真治)が、営業で培った話術と即席で得た銃の知識だけで様々なピンチを切り抜けていく様を描く。

映画『今日からヒットマン』は銀座シネパトスほかにて公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]