オードリー・ヘプバーンの洋服がオークションに

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
オードリー・ヘプバーン - Hulton Archive / Getty Images

 オードリー・ヘプバーンが着用した衣装や洋服、30点以上がオークションにかけられることになった。これは、オードリーから服や衣装を贈られた親しい友人によって出品されるもので、その中には、オードリーが好んで着たジバンシーのドレスやバレンティノ、エリザベス・アーデンのものもあり、オードリーが最初の夫メル・ファーラーに出会ったときに着ていた服も含まれている。

 1966年のジバンシーの冬コレクションからは、ブルーのカクテル・ドレスが1万ポンドから1万5,000ポンド(約140万円から215万円)、1964年の映画『パリで一緒に』の宣伝写真で着用した黒のシルクドレスも1万5,000ポンド(約215万円)が見込まれている。また、1966年の映画『おしゃれ泥棒』で着用したレースのカクテルドレスは8000ポンドから1万2000ポンド(約110万円から170万円)が見込まれている。オークションは12月にロンドンで開催され、衣服のほかに、ベルトや帽子、オードリーが書いた手紙なども出品される予定。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]