15歳の川島海荷、はんにゃの金田がうざい、キモい、クサい?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
金田のはじけっぷりに川島ドン引き中?

 川島海荷とお笑いコンビはんにゃの金田哲のフレッシュなコンビが繰り広げるちょっと不思議な青春映画『私の優しくない先輩』の撮影現場が報道陣に公開され、川島と金田が劇中さながらの掛け合いトークで映画について語った。

 製作発表会見で初共演の川島のことを「海たん」となれなれしく呼び、一方的に仲のよさをアピールして川島をドン引き?させていた金田だが、その微妙な距離感は撮影が始まってもあまり縮まっていないようだ。「僕が笑わそうと冗談言ったりすると、キモいって言われて、さりげなく傷ついています。後ろからバーンと突然ぶたれたり、JKのこわさを感じたりしますね(笑)。まあ自分ではスキンシップだとポジティブにとらえているんですけど」と15歳の川島のパワーに押され気味の様子。

 実年齢は23歳の金田だが、映画では邪麻子の部活の先輩で、常にテンションが高く「うざい、キモい、くさい」の三拍子そろった暑苦しい男・不破を演じている。実際にこんな先輩がいたらどうするか聞かれた川島は「近寄らないと思います(笑)。不破はくさい以外は自分とほぼ同じ」と役にかなり愛着を持っていた金田は「つまりおれを生理的に受けつけないってこと?」と、またさりげなくショックを受けていた。さらに川島から「実際の金田さんも青春真っただ中っぽいですよね」と言われ、「青春真っただ中っぽい?」とどうツッコミしていいか計りかねていた金田。やはり8歳の年の差は大きいのか、イマイチかみ合わない二人だった。

[PR]

 だがこんな二人の関係は、そのまま劇中の邪麻子と不破そのもの。金田は「僕と川島さんのほとんどアドリブみたいなやり取りは期待してほしい」と自信をもって話していた。作品の見どころについて川島は「最初はコメディータッチでアニメのような感じなんですけど、主人公の心境の変化に合わせてリアルな描写に変わっていって、最後は感動するストーリーになっています」とアピール。公開は来年夏と先なので「まだ詳しいストーリーは明かせない」と残念そうだった二人。女子高生の揺れる心の内をアニメ出身の山本監督がどのように映像化するのか、笑えてドキドキしてちょっとホロリとさせる、不思議な青春映画になりそうだ。

 本作は、九州の片隅にある小さな島に引っ越してきた女子高生・西表邪麻子(川島)が、恋愛や友情、そして誰にも言えない秘密に悩む姿を映画『涼宮ハルヒの憂鬱』などを手がけたアニメ出身の山本寛監督がPOPなビジュアルセンスで映画化するコメディー。

映画『私の優しくない先輩』は2010年夏、公開予定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]