『遊☆戯☆王』が3D映画に!召喚したときのリアルさが半端じゃない!ドラゴンが飛び出る

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
宮下雄也とKENN

 26日、東京テレビセンターにて映画『10th アニバーサリー 劇場版 遊☆戯☆王 ~超融合!時空を越えた絆~』記者会見が行われ、声優を務める風間俊介、KENN、宮下雄也が登場した。

 宮下は「小学生のころから観ていたあこがれのアニメの主演である風間さんに会うという緊張で、全然眠れなくて」と心境を告白。それを聞いた風間は、急に10年の月日を感じたのか「オレもそのころまだ高校生だったんだよ……」と切なく苦笑いするも、「遊戯王のカードゲームで遊んできた、という共通点もありました」と年齢を越えた3人の結束力をアピールし、本作に夢中といった様子。

 その後、本作が3D(立体映画)で公開されるとの話題になると、3人は「召喚したときのリアルさが半端じゃない!」「本当にリアルだから泣いちゃわないように」「ドラゴンがこの3Dみたいに現実に出てきたら怖いですよ!」など童心に返ったように大興奮。さらに3人は写真撮影でも「カードを持ってポーズした方がいいですか?」と取材陣に声を掛けるなど、終始ノリノリ。最後は「お忙しい中、取材ありがとうございました!」と礼儀正しくあいさつし、3人の本作に対する熱い気持ちを感じさせた会見となった。

[PR]

 『10th アニバーサリー 劇場版 遊☆戯☆王 ~超融合!時空を越えた絆~』は、大人気カードゲームアニメの劇場版10周年記念作品。宿敵パラドックスをロンドンブーツ1号2号の田村淳が演じるなど、豪華声優陣も話題だ。

映画『10th アニバーサリー 劇場版 遊☆戯☆王 ~超融合!時空を越えた絆~』は2010年1月23日よりワーナー・マイカル・シネマズほかにて全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]