シルヴェスター・スタローン、『ロッキー7』を企画中!老人になったロッキーが登場か?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
老人になっても、ロッキーはロッキーさ!

 アクションスター勢ぞろいの映画『ジ・エクスペンダブルズ』(原題)や『ランボー』シリーズ5作目と、63歳になっても元気なシルヴェスター・スタローンが、『ロッキー』のシリーズ7作目を企画していることを明らかにした。

 スタローンがドイツのテレビ局Tele5に対して、「60歳を過ぎてから『ロッキー』の新作を作るなんて、笑いものになるだけっていうのはよくわかっているんだ」と語り、シリーズ7作目を企画中であることを明かした。「(シリーズ7作目製作に対して)たくさんの批判があることも知っている。おれの妻でさえ、『やめてちょうだい! あなたは子どもたちに気まずい思いをさせているのよ』と言うんだ。だから、おれは妻に『もし、これに挑戦しなかったら、おれはとてもみじめな男になっちまうよ』と話しているんだ」とスタローンは妻に反対されてもシリーズ7作目の製作に燃えていることを話した。また、スタローンは「(シリーズ7作目を製作することは)とてもバカげていて、みんな笑うだろう。おれだって笑ってしまうよ。でも、シリーズ7作目を男が年老いることについて……ボクシング映画ではなく、おれ自身の映画として製作したら成功するだろうって確信しているんだ」と語り、シリーズ7作目ではボクサーとして過去に成功を収めたロッキー・バルボアが老いていく姿を描くことを明らかにした。

 前作から16年ぶりに製作された『ロッキー』シリーズ6作目にあたる『ロッキー・ザ・ファイナル』は、愛妻エイドリアンに先立たれ、息子との関係も上手くいかない孤独なロッキー・バルボアが再びリングにあがる感動映画に仕上がり、ファンだけでなく批評家からも高い評価を受けた。シリーズ1作目から『ロッキー』をリアルタイムで応援してきたファンたちも、シルヴェスターと同じように年老い、周囲の環境や心境も変わってきただろう。『ロッキー7』は、そんな熱いファンたちへ贈るシルヴェスターからのメッセージなのかもしれない。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]