サッチー、野村監督解任劇に恨み節!楽天を逆に読んだら「転落」よっ!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
大沢あかねと野村沙知代

 2日、シネマート六本木で映画『スペル』の特別試写会が開催され、タレントの野村沙知代大沢あかねがトークショーを行った。本作は映画『スパイダーマン』シリーズのサム・ライミ監督最新作で、若い銀行員の女性が、謎の老婆に理不尽なのろいをかけられてしまうというホラー。

映画『スペル』写真ギャラリー

 大沢と初対面だという野村は、「あんたのおじいちゃん(大沢啓二氏)に一言ありますから!」といきなりの先制パンチ。大沢の真面目な人柄については、「意外とおじいちゃんに似ず、礼儀正しいわね」とほめたたえたが、再び祖父の啓二氏の話題を持ち出し、「うちの克也さんも、『テレビで喝、喝、喝、喝言いやがって』とご立腹」とさらなる攻撃。普段は天真らんまんなキャラの大沢もさすがにタジタジで、劇中のヒロイン同様、野村の老婆パワーに圧倒されていた。

[PR]

 すっかり舌が滑らかになった野村は、その後も“口撃”の手を緩めず、「うちも最近、理不尽なことがあった。のろいたい人はたくさんいるわよっ!」と先日巻き起こった野村監督の解任劇について言及。「楽天(らくてん)を逆に読むと、転落(てんらく)よっ!」と呪文のごとく、不気味な発言も飛び出した。とはいえ最後には「のろいなんて、かったるいことはしない。うちはみんなB型だし、一晩寝たら忘れちゃうわ」とあっけらかんとした表情の野村だった。

 『スペル』は銀行員の女性(アリソン・ローマン)が、ローン延長を頼みに来た老婆(ローナ・レイヴァー)の申し出を断ったがために、のろいをかけられ、おぞましい恐怖体験に巻き込まれるホラー映画。

映画『スペル』は11月6日よりTOHOシネマズ日劇ほかにて全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]