ロバート・パティンソン、『トワイライト』4作目の監督にガス・ヴァン・サントを推薦

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ロバート・パティンソン

 映画『トワイライト』シリーズの4作目となる映画『ブレイキング・ドーン』(原題)の監督は、ガス・ヴァン・サントがいいとロバート・パティンソンがコメントした。

 シリーズ4作目の映画化はまだ正式には発表されていないが、ロバートは来年10月頃のスケジュールはこの撮影のためにおさえてあると記者会見などで明かしている。また、3作目の映画『エクリプス』(原題)から登場するキャストの1人が、『トワイライト』シリーズ3本への出演契約をしたと語ったことから、4作目は2部構成になる可能性が高いとも言われている。

 ロバートはMTVニュースに「これは言っちゃいけないのかもしれないけど、『ブレイキング・ドーン』はポートランドで撮影すると聞いてる」と語り、ポートランドを拠点にしているガス監督がメガホンを取るのがいいと考えているらしい。「ガス・ヴァン・サントならすごい映画を撮ってくれると思う。彼の拠点はポートランドだし、すべてを美しく見せる腕を持っている」とコメント。

 4作目ついては原作者のステファニー・メイヤーも2部構成にした方がいいかもしれないとホームページで語っている。ただ、出てくる新たなキャラクターの中には映像化するのが難しい登場人物もおり、CGでは表現できないと考えているため、映画化は無理ではないかとコメントしている。映画『ニュームーン/トワイライト・サーガ』は11月28日から新宿ピカデリーほかにて公開され、3作目の『エクリプス』(原題)は来年の6月30日に全米公開が決定している。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]