宮崎あおい主演『ソラニン』の音楽をentことストレイテナーのホリエアツシが担当

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
entと映画『ソラニン』

 女優、宮崎あおいが歌とギターに初挑戦する映画『ソラニン』の劇中音楽をentことロックバンド、ストレイテナーの中心人物・ホリエアツシが担当することが明らかになった。

 entとしては、2010年2月にファースト・アルバムのUS盤リリースも予定。ストレイテナーは、前作「Nexus」がオリコンウィークリーチャート5位になり自己新を記録するなど、現在のミュージックシーンで最も注目のバンドだ。そんな人気バンドのフロントマン、ホリエアツシが劇中音楽を手掛けることで注目が集まっている。

 映画『ソラニン』は、2年目で会社を辞めた宮崎あおい演じる芽衣子と音楽の夢をあきらめられないフリーターの種田の二人がお互い寄り添いながら、東京の片隅で生きている物語。ある日、芽衣子の一言で、種田は、あきらめかけていた夢を追いかけ、ある思いを込めて、仲間たちと「ソラニン」という曲を書き上げる。二人はその曲をレコード会社に持ち込む。そのほかの出演者に高良健吾桐谷健太近藤洋一サンボマスター)、伊藤歩と若手個性派が名を連ねる。

[PR]

 そんな物語を歌い上げるentは、「ソラニンに描かれているのは、今の何処にでもいる平凡な若者たち。その平凡な理想と青春、現実と社会の中で揺れ動く心の葛藤(かっとう)は、平凡だからこそのリアリティがあります。原作を読んだときには、もう一歩感情移入できなかった登場人物たちにも、生身のキャスト陣が見せる生きた表情と強いチームワークに、原作以上にストーリーの中へ引き込まれました。単純な答えや感動では言い表せない、深い作品です」と作品に対する思いを語った。

 一方、本作の監督、三木孝浩は「遠い昔に見た光の記憶のような きらきらとしているのにどこか懐かしい。entさんのアルバムを初めて聞いたとき、僕が『ソラニン』の映画に求めていた音楽がまさにそこにありました。たゆたう二人の物語にそっと寄り添う痛さと美しさを内包したガラス細工のような音楽。今回、entさんにサントラをお願いできたことを本当にうれしく思います」とentの作り上げる楽曲が映画のイメージぴったりであることを明かした。

映画『ソラニン』は2010年 4月、全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]