大ヒット映画『トワイライト』、テレビ向けスピンオフシリーズが企画?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
今度はテレビでも? -ロバート・パティンソン

 11月28日から日本でも映画『ニュームーン/トワイライト・サーガ』が公開され、世界中でトワイライター(熱狂的な映画シリーズのファン)を増やしている『トワイライト』シリーズ。本作の世界的ヒットを受けて、1985年のホラー映画『フライトナイト』のリメイクや、映画『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』の続編、『バッフィ/ザ・バンパイア・キラー』の再映画化などバンパイア作品へ注目が集まっているが、情報サイトStarpulseが伝えたところによると、『トワイライト』のテレビ向けスピンオフシリーズの企画が進んでいるとのこと。

映画『ニュームーン/トワイライト・サーガ』写真ギャラリー

 すでに、映画シリーズで吸血鬼のエドワード・カレンを演じたロバート・パティンソンとサミット・エンターテイメントが、テレビ出演に関して話し合いを進めているそうだ。出演交渉がうまく行けば、テレビシリーズは来年にも放送開始される見込みで、ロバートは1エピソードにつき150万ドル(約1億3500万円)のギャラを受け取るのではといわれている。

 先日、映画『トワイライト』シリーズの撮影が完了し、プロモーションが終了したら音楽業に取り組むとフランスの雑誌パリ・マッチに対して語ったロバート。『トワイライト』の吸血鬼を演じた人気俳優としてではなく、一人のアーティストとしてミュージシャンデビューをしたいというロバートの真摯(しんし)な態度は共感できるが、スピンオフテレビシリーズが開始されたらミュージシャン・デビューの夢も遠のくのではなかろうか。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]