美しい姫・高島礼子をイジめて快感?榎木孝明、「方向性変わるかも」と変態宣言!?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
高島礼子をイジめて快感?「

 5日、東京・シアターN渋谷でサスペンスホラー映画『Dear Heart 震えて眠れ』の初日舞台あいさつが行われ、主演を務める高島礼子榎木孝明加藤和樹、そして井坂聡監督が登壇した。

映画『Dear Heart 震えて眠れ』

 殺人鬼の心臓を移植されてしまい、その人格が乗り移った男性を演じる榎木は、映画『シャイニング』のジャック・ニコルソンばりの変態チックな怪演を披露し、新境地を開拓。榎木本人も、「まんざら嫌いじゃないですね。こちらの美しい姫(高島)をイジめるのが楽しくて」と振り返り、「今後、(俳優としての)方向性が変わるかも」と不敵な笑みを浮かべていた。

[PR]

 そんな榎木に追い詰められる妻役の高島は、「こうしたホラーは経験がないジャンルで、ワクワク。台本をいただく前から、勝手に絶叫の練習をしましたが、実際にはそういうシーンは無くて……」と先走った役づくりが無駄に終わったと苦笑い。加藤は、榎木の怪演を前に「まるでヘビににらまれたようで、身動きできず『ここで死んじゃうんじゃないか』って思った」と命懸け(?)の舞台裏を明かした。

 『Dear Heart 震えて眠れ』は心臓移植を機に、人格が豹変(ひょうへん)した夫(榎木)の暴走を食い止めようとする妻(高島)の壮絶な戦いを描いたサスペンスホラー作。

映画『Dear Heart 震えて眠れ』はシアターN渋谷で公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]