ジョニー・デップ、六本木で約1時間のファンサービス!「寒くない?」の優しい言葉も!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「君は僕のボスさっ!」-ジョニー・デップ

 10日、映画『パブリック・エネミーズ』のPRで来日しているジョニー・デップが、前日の記者会見に続き、ジャパン・プレミアのレッドカーペット・イベントを行った。会場となった六本木ヒルズアリーナには、幸運にもチケットをゲットしたファン約1,000人が詰めかけた。

映画『パブリック・エネミーズ』写真ギャラリー

 約30分遅れで会場に到着したデップは、光沢のあるグレーのスーツに黒のシャツという、いつものカジュアル・ファッションとは違うシックな装い。しかし、頭には前日と同じ帽子がしっかりとかぶられており、デップらしい帽子へのこだわりを感じさせた。会場ではレッド・カーペットを取り囲むファンたちに、時間をかけてしっかりとファンサービス。サインをしたり、子どもの頭をなでてあげたり、さすがサインコレクター雑誌「オートグラフ・マガジン」でファンにサインするときに態度が丁寧な俳優第1位に3年連続選ばれただけあって、約1時間弱、日本のファンとたっぷり触れ合った。その間ずっと、会場には興奮したファンの絶叫がこだましていた。

[PR]

 舞台に登壇後も、「寒くない?」と寒空の下、デップを待ち続けたファンを心配してみせるデップ。「日本に来るたびに素晴らしい歓迎を受けて、信じられない思いだよ。あなたたちのおかげで僕は日本に来られるのだから、あなたたちはわたしにとってボスのようなものです」と本当にファンのことを愛しているのが伝わってくる舞台あいさつだった。最後に、デップをかたどった「ジョニー・デップ クリスマスツリー」が輝くと、「メリー・クリスマス・トーキョー!」と手を振り、ファンにとっては一足早いクリスマスプレゼントになった。

 『パブリック・エネミーズ』では社会の敵ナンバーワンという実在のギャングを演じたデップだが、その素顔はファン思いのスター・ナンバーワンと呼ぶのがふさわしい、気取らないスターだった。

映画『パブリック・エネミーズ』は12月12日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]