アンジェリーナ・ジョリーの亡き母親、孫3人に900万円ずつを遺す

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
マーシェリン・バートランドさん - Jim Smeal / WireImage / Getty Images

 2007年に卵巣がんのため56歳で亡くなったアンジェリーナ・ジョリーの母親が、3人の孫にそれぞれ10万ドル(約900万円)を遺していたことが明らかになった。

 アクセス・ハリウッドによると、アンジーの母親マーシェリン・バートランドは8歳のマドックス、4歳になるザハラ、2歳のシャイロに遺産を遺しており、今後はそれぞれの名前で信託が設定されるとのこと。マーシェリンの遺言が最後に書き換えられたのは2006年だったため、2007年に養子となった4歳のパックス、生後1歳5ヶ月の双子ノックスとヴィヴィエンには遺産の分配はなかったという。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]