滝川クリステルがアツくなり過ぎたことを反省?クールな表情から一転「このままでは人間がダメになる!」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「思わず熱くなっちゃいました……」と照れ笑いの滝川クリステル

 キャスターの滝川クリステルが17日、新宿・明治安田生命ホールで行われた海洋ドキュメンタリー映画『オーシャンズ』の特別試写会に登場し、環境破壊について熱っぽく語り「思わず熱くなっちゃいました……」と照れ笑いを浮かべた。

映画『オーシャンズ』写真ギャラリー

 現在、滝川は「生物多様性」(あらゆる生物に個性があり、互いに影響しあって生きている)というテーマを多くの人に知ってもらうための広報大使に任命され、日夜活動中。それだけに映画『オーシャンズ』が訴えかける環境問題へのアピールにも深く共感したそうで、「人間が自然に対して行ってきたことを理解してほしい。このままでは最後は人間が大変なことになる!」と危機感あふれるコメント。普段はクールな印象が強い滝川の熱い素顔に、客席は胸を打たれている様子だった。

[PR]

 ちなみに映画の中で好きなのは、セイウチの母親が子どもを抱きかかえるシーンなんだとか。「人間と同じ抱き方をするんですね。親子愛がとても感動的で、あったかい気持ちになりました」と母性あふれる穏やかな表情も披露する滝川だった。

 『オーシャンズ』は、映画『WATARIDORI』の監督を務めたフランスの名優、ジャック・ペランが海と海に生きる約100種類の生命の息吹きを圧倒的なスケールでとらえた海洋自然ドキュメンタリー。構想10年、撮影期間4年間、世界50か所をロケし、総製作費はドキュメンタリーとして過去最大規模の70億円が投じられた話題作だ。

映画『オーシャンズ』は1月22日よりTOHOシネマズ 日劇ほかにて全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]