シネマトゥデイ

竹内結子「上昇志向の強い女」呼ばわりにちょっぴりショック!?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
男・竹内結子と呼びたい……とまで言われる堂々としたたたずまい

 30日、TOHOシネマズ日劇で映画『ゴールデンスランバー』の初日舞台あいさつが行われ、堺雅人竹内結子吉岡秀隆劇団ひとり香川照之濱田岳貫地谷しほり、そして中村義洋監督が登壇した。無実の罪を着せられた元恋人を助ける女性・晴子を演じた竹内は、撮影を振り返り「中村監督から役づくりせず、現場に入ってほしいと言われた」とコメント。いざ撮影に入ると、中村監督は、竹内に対して「晴子さんは上昇志向の強い女だからな」とボソっとつぶやいたんだとか。竹内にしてみれば、「役づくりはいらない」イコール「自分が上昇志向の強い女だと思われている!?」と考えてしまったようで、「わたし自身はそんなことないんですけどねぇ」と少ししょんぼりした表情だった。

映画『ゴールデンスランバー』写真ギャラリー

 もちろん完成した作品には満足だという竹内は、「皆さんの拍手の大きさを聞いて、本当に出演できてよかったと思います」とうれしそう。中村監督も「竹内さんは本当に信頼できる女優さん。とても堂々としていて『男・竹内結子』と呼びたい」と映画『ジェネラル・ルージュの凱旋』以来となる竹内とのタッグに、より信頼を深めた様子だった。

[PR]

 『ゴールデンスランバー』は人気作家・伊坂幸太郎の同名ベストセラー小説を、『アヒルと鴨のコインロッカー』『フィッシュストーリー』に続き中村義洋監督が映画化したサスペンス。首相暗殺の濡れ衣を着せられた宅配ドライバー(堺)の決死の逃避行をスリリングに描く。

映画『ゴールデンスランバー』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]