小西真奈美、風俗嬢を体当たり演技するも…小栗旬監督にもっと若い感じで!と指導され…シュン

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
映画祭恒例のもちつき大会でもちつき中の小西真奈美

 25日、北海道夕張市で開催されているゆうばり国際ファンタスティック映画祭2010のオープニングイベントで、映画『シュアリー・サムデイ』が上映され、監督の小栗旬小出恵介勝地涼鈴木亮平ムロツヨシ綾野剛小西真奈美、プロデューサーの山本又一朗が登場した。

映画『シュアリー・サムデイ』

 ワールドプレミアとなった本作122分の上映が終わると、満員の会場からは盛大な拍手が。そんな中、壇上にキャスト陣が登場すると、黄色い声援が起きた。小栗の監督ぶりを聞かれた小出は「頑張ってるなと思って、ずっと彼の背中を見ていました。初監督ということで大変そうでした」と話すと、小西も「少しでも演技について相談すると、いい方向に導いてくれるのがすてきでした。ただ、10年前の(回想)シーンでわたしが演じていたのは風俗嬢だったんですけど、もうちょっと若い感じでお願いしますと言われてしまいまして(笑)。10年前の自分を演じるのって難しいですね……そうしたら、すかさずかわいらしい声で見てみたいんです、とフォローしてくれたんですけど」と嘆き、会場の笑いを誘っていた。

[PR]

 俳優陣から厚い信頼を受けている様子の小栗監督だが、彼の所属事務所の社長でもある山本プロデューサーによると、「インの5日前になって、映画をなめてました、もうできませんと言ったこともありました。脚本を何度も書き直させました。それくらい彼には苦労させたし、泣かせました。(そのかいあって)立派な映画を作ったんじゃないかと思います」と誇らしげに小栗監督を見守っていた。

 そしてその後、ホテルシューパロで行われたオープニング・パーティーでも、女性ファンが多数来場。例年以上に会場内は熱気に包まれていた。そしてステージ上で映画祭恒例のもちつき大会が行われると、小栗や小西、小出らがもちつきに参加。会場からは「よいしょ、よいしょ!」の掛け声が起こり、杵(きね)を握る手にも思わず力が入る。その後、来場者にもちが振る舞われると、皆、おいしそうに食べていた。

 本作は、実力派若手俳優の小栗旬が、初めてメガホンを取った青春映画。ごく普通の高校生5人が、文化祭中止を撤回させるために、狂言爆発を実行するはずが、実際に校舎を吹き飛ばしてしまうことに。しかしその事件が思わぬ波紋を呼び起こすことになる……。全国公開規模の映画作品を20代が監督するのは、小栗が初のケースとなる。(取材・文:壬生智裕)

映画『シュアリー・サムデイ』は7月17日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]