アカデミー賞で予定されていたサシャ・バロン・コーエンの寸劇がキャンセル!過激すぎる?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
残念っ! -サシャ・バロン・コーエン - Ray Tamarra / Getty Images

 アカデミー賞授賞式で予定されていたサシャ・バロン・コーエンの寸劇が、監督賞にノミネートされているジェームズ・キャメロン監督の気分を損ねる可能性があるとして、キャンセルされることになった。

 WENNによると、サシャを授賞式の司会者にとの声もあったらしいが、アカデミーの上層部は、サシャの行動があまりにも突飛過ぎることを理由に却下。それでもプロデューサーたちは、サシャを授賞式の1コーナーで使うことを懇願し、ようやくプレゼンターとして出演することが決まったらしい。

 サシャはベン・スティラーと一緒に寸劇を企画。サシャが青い肌をした映画『アバター』のナヴィ族の女性にふんし、ベンが観客にコメントを翻訳するというものだったが、サシャ演じるナヴィがキャメロン監督の子どもを妊娠していることを告白するという内容はアカデミー側には受け入れられなかったようだ。「キャメロン監督は自分を卑下するようなジョークを受け入れるような人ではないことで知られているんだ」とオスカー関係者は語り、大ごとになる前にストップをかけることにしたようだ。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]