ジョニー・デップの優しさに泣き出すファンも続出!ジョニー、サインや握手に丁寧に応じる

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ジョニー・デップが恵比寿でレッドカーペットに登場! ファンにサインと握手の大サービス!

 22日、恵比寿ガーデンプレイスで映画『アリス・イン・ワンダーランド』のジャパンプレミアが開催され、ジョニー・デップティム・バートン監督が登場した。

映画『アリス・イン・ワンダーランド』写真ギャラリー

 会場となった時計広場には、ジョニーとバートン監督という最強コンビのツーショットを見ようとファンが集結。本作でストーリーの鍵を握る重要なキャラクターである帽子屋を演じているだけあって、ジョニーはこの日もスーツに帽子姿。彼らの登場に、会場からはひときわ大きな歓声が起きていた。もちろんファンへのサインの対応が丁寧な俳優として名高いジョニーだけあって、沿道に集まったファンに向かって、気さくにサインや握手に応じると、泣き出すファンの姿もあった。

[PR]

 そしてステージ前方には、高さ20メートル、幅23メートル、奥行きが30メートル、製作日数1か月という巨大な「赤の女王の城のセット」を設置。恵比寿は一気に不思議の国の世界へと変貌をとげていた。舞台に登壇したバートン監督が「本日はお集まりくださりありがとうございます」とコメント、ジョニーも「いつもサポートしてくれてありがとうございます。寒い中来てくださり、本当に感謝してます」と丁寧にあいさつすると、場内は大歓声に包まれた。ジョニーの今回の日本での滞在時間は最大で15時間という分刻みのスケジュールと言われているが、予定時間を30分以上オーバーするなど、ファン思いの彼らの心意気が伝わるイベントとなった。

 ちなみにこの日の日本人ゲストとして、2月25日にロンドンで行われたロイヤルプレミアにも参加したWBA世界フライ級チャンピオン亀田大毅と、WBC中米ボクシング連盟バンタム級王者亀田和毅、そしてデザイナーのワカマツタダアキ、女優の福田沙紀、谷村美月、さらにモデルの日向千歩、山本美月、舟山久美子、村田莉、赤谷奈緒子、七菜香らも参加していた。

 本作は児童小説家ルイス・キャロルが発表した「不思議の国のアリス」と、その続編「鏡の国のアリス」のヒロインであるアリスの新たな冒険を、ティム・バートン監督がイマジネーションあふれる世界観で描くファンタジー。少女のころの不思議な体験を忘れ、19歳になったアリスが、ふたたび不思議の国へと迷い込み、いつしかワンダーランドの運命をかけた戦いに巻き込まれていく。

映画『アリス・イン・ワンダーランド』は4月17日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]