ティム・バートン監督が豊洲にサプライズ登場!『アリス・イン・ワンダーランド』完成披露に

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ティム・バートン監督、サプライズ登場

 3D映画『アリス・イン・ワンダーランド』のマスコミ向け完成披露試写会が18日、ユナイテッドシネマ豊洲で行われ、ティム・バートン監督がサプライズ登場した。

映画『アリス・イン・ワンダーランド』写真ギャラリー

 アメリカでは初登場1位を記録し、公開2週目の現在も首位独走中の本作。バートン監督とジョニー・デップ7度目のタッグ、そして児童小説家ルイス・キャロルによる「不思議の国のアリス」というあまりにも有名な小説をベースに、バートン監督初の3D映画ということで日本でも話題沸騰中だ。

[PR]

 「不思議の国のアリス」について「原作に登場するのはとてもクレイジーなキャラクターばかり。でも語られていることはとても単純で、女の子の仮想のファンタジーだけでなく、生きるための考え方が反映されているんだ」と分析するバートン監督。しかし本作はその原作をベースにしながらも、大人になったアリスの新たな冒険を描く、キャラクターを借りたバートン印のオリジナル作品ともいえる。

 映画については「3Dで『アリス・イン・ワンダーランド』が撮れると聞いて、素晴らしいと思った。本作には、アリスの内側にある強さを発見するポジティブなメッセージが込められている」とコメント。最後にバートン監督は、これから映画を観るマスコミ関係者に「今日はどうもありがとう! 映画を楽しんでください」と満面の笑みを浮かべて舞台を後にした。

映画『アリス・イン・ワンダーランド』は4月17日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]