ジェイク・ギレンホール、『プリンス・オブ・ペルシャ』の原作ゲームにはまった子供時代

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ジェイク・ギレンホール - Jean Baptiste Lacroix / WireImage / Getty Images

 映画『プリンス・オブ・ペルシャ』でヒーローのダスタン役を演じたジェイク・ギレンホールが、子供のころに原作のテレビゲームにはまっていたことを明かした。

「子供の頃、この作品のオリジナル版のゲームで遊んだんだ。この間もクリエイターのジョーダン・メックナーと、すごいねって話をしたばかりなんだけど、僕が8歳くらいのときに「プリンス・オブ・ペルシャ」のゲームを始めたときには、自分がいつかペルシャのプリンスを演じるとは思いもしなかったよ。本当にすごいことだ」と語る。

ジェイクは、映画『プリンス・オブ・ペルシャ』は脚本からアクションシーンまで丁寧に作られたため、これまでに映画化されたどのビデオゲームよりもいい作品になっているという。「これまでに映画化されたビデオゲームが成功しなかった理由は、観客が映像化したアクションシーンをすでにゲーム内で見ていたからだ。それらのアクションシーンもストーリーとの関連性がなかったりしたしね。だから、この作品では、プリンスがすることにはすべて理由をつけたんだ。彼が壁を飛び越えて誰かから逃げたり、建物から建物へと飛び移ったりする場合でも、彼がこれまでに習得した技だったり、ストーリーに関係があるからこそ取る行動になっている。映画化される作品ではよく、理由もなくキャラクターが格好いいスタントや技を披露するけど、この作品ではすべてのことがストーリーへとつながっている」と、MTVニュースに説明している。(BANG Media International)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]