タランティーノ作品と同名のイタリア版『イングロリアス・バスターズ』、DVDが大売れ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「ありがとタラちゃん!」「いや~DVD販売戦略がうまいですよ……」なんて会話が? -エンツォ・G・カステラッリ監督とクエンティン・タランティーノ監督 - John M. Heller / Getty Images

 クエンティン・タランティーノ監督の映画『イングロリアス・バスターズ』と、同じ英語タイトル名を持つ1978年のイタリア映画が、イギリスでDVD発売の大ヒットを記録している。

映画『イングロリアス・バスターズ』

 この映画は、エンツォ・G・カステラッリ監督の映画『地獄のバスターズ』で、英語タイトルはタランティーノ作品と同じ。ヒットの理由は、タランティーノ監督作のファンたちが、同じ英語タイトルを持つこの作品に興味を持ったことが原因と考えられているが、販売会社の戦略もあるようだ。DVD販売を手がけるオプティマム社は、タランティーノ監督が映画の企画を発表した直後にイギリスでの販売権を獲得し、タランティーノ作品がカンヌ国際映画祭でプレミア上映された直後の昨年8月に発売。この戦略が大当たりし、現在30万部を売り上げて、イギリスで販売されているイタリア映画の中でもベストセラーとなっている。

 タランティーノ監督作と同様、イタリア版でも第2次世界大戦を舞台にしているが、イタリア版では敵国の捕虜となった兵士たちが、イタリアの捕虜用列車の爆発に乗じて脱獄を試み、中立国のスイスへ逃げ出そうとする物語。インターネット・ショッピングサイトのアマゾンによると、DVDを購入したファンの中にはタランティーノ作品と間違えて購入した人もいるようで、購入後に「がっかりした」という声もあるが、一方で、イタリア版ならではの楽しみを見つけ満足する声も聞かれているそうだ。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]