『トワイライト』のピーター・ファシネリ、実在のボクサーを演じる

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ピーター・ファシネリ - George Napolitano / FilmMagic / Getty Images

 大ヒットヴァンパイア映画『トワイライト~初恋~』と『ニュームーン/トワイライト・サーガ』で、吸血鬼エドワードの養父カーライル・カレンを演じていたピーター・ファシネリが、新作映画で実在のボクサーを演じることが明らかになった。

 ハリウッドライフなど複数のメディアが伝えたところによると、ピーターが伝記映画『パズ』(原題)で、元ライト級&元ミドル級チャンピオンのボクサー、ヴィニー・パズ(ヴィニー・パジエンザ)を演じるとのこと。映画では、1991年に交通事故に巻き込まれたパズが、医者からボクサー生命の終了を宣告されるが、信じられないようなリハビリとトレーニングにより奇跡のカムバックを果たした感動のエピソードを中心に描いていく。現在のところ、監督や共演者などは未定だが、撮影は来年から開始される予定だ。

 映画『トワイライト・サーガ』での白塗りの美しき吸血鬼から、“パズマニアン・デビル”のニックネームを持つ逞しいボクサー役とは、ピーターにとってこれまでのイメージを覆す難役となることだろう。『トワイライト』シリーズ3作目『エクリプス』は、2010年に日本公開予定だ。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]