成海璃子、北乃きい、晴れやかな笑顔で撮影話を語る「わたしの中ではとても大切な作品」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
剣道着姿とはうってかわってフォーマルナドレス姿で登場した北乃きい、成海璃子

 24日、テアトル新宿にて映画『武士道シックスティーン』の初日舞台あいさつが行なわれ、成海璃子、北乃きい、石黒英雄、荒井萌、高木古都、そして古厩智之監督が登壇した。

映画『武士道シックスティーン』写真ギャラリー

 上映後、熱気冷めやらぬ中で行われた舞台あいさつ。主演の成海や北乃らが登場すると、大歓声が沸き起こる。そんな中、古厩監督が、会場内を指差し「今日は原作者の誉田哲也さんが来ているんです」とサプライズ発言。誉田本人も観客にあいさいつし、さらに場内は盛り上がった。

[PR]

 剣道を題材にした映画だけあって、やぱり注目されるのは「ヤァー」と大声を出す掛け声シーン。成海は「最初は大声を出してと言われてもどうやっていいのか、わからなかった。でも開き直って100%の力で声を出したら意外とうまくできました」と笑顔をのぞかせると、北乃も「わたしはヘタれな声を出すシーンが多かったけど、だんだんと大声を出す役柄になって……。でも声を出すことはストレス解消になるんだなぁ~」と意外な発見に満足げだった。

 そんな成海と北乃に対して古厩監督は「本当にカメラを向けるのが楽しい女優さんでした。今回の撮影はあまり決めごとを作らず、どんな風になるんだろう……とライブ感覚のシーンが多く、それに対して期待以上で答えてくれた」と若き2人の女優のきらめく才能をたたえていた。

 スクリーンでは好対照な役柄を演じた成海と北乃だが、2人とも口をそろえて「撮影中は磯山(成海)と西荻(北乃)になりきっていました」と意識が一致していたことを強調。お互いの相乗効果で大変な撮影を乗り切れたことを感謝しあっていた。

 『武士道シックスティーン』は誉田哲也の同名小説を映画化。剣道に対する考え方がまったく違う2人の少女が、武士道を通じて自分の人生にまっすぐに向き合うスポーツ青春物語。

映画『武士道シックスティーン』はテアトル新宿ほか全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]