堤真一、共演者たちのベタ褒めに「本当はそう思ってない」と疑心暗鬼?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ベタ褒めだなんて照れるなぁ。

 26日、東京・有楽町のよみうりホールで映画『孤高のメス』の完成報告会見が行われ、主演の堤真一夏川結衣吉沢悠中越典子平田満、そして成島出監督が出席した。

映画『孤高のメス』写真ギャラリー

 本作で天才外科医・当麻を熱演し、文字通り孤高の存在感を発揮している堤だが、役柄と自分自身との共通点を質問されると「見当たらないですね、似ているところはまったくない!」と断言。しかし、共演した夏川は「本当にすてきで、撮影中はもちろん、それ以外の時間でも当麻先生に見えた」と堤の印象を語り、中越も「(役柄が)おちゃめで抜けている部分もあるが、それもかっこいい」と目を輝かせながら、堤の演技をベタ褒めした。

[PR]

 さらに後輩外科医の青木を演じた吉沢は、「青木は当麻先生のような先輩がうらやましいと思うほど。撮影中は堤さんへの尊敬の念で、一瞬2倍くらい大きく見えました!」とこれ以上ない絶賛コメント。これには堤も「本当はそう思ってないと思いますよ。うっとうしくて2倍に見えたんじゃ?」と疑心暗鬼の表情だったが、「医療現場はチームワークが大切。それは俳優業と似ているところがあると思う」と少し照れくさそうに語り、共演者への感謝に代えた。

 『孤高のメス』は、現役医師でもある作家・大鐘稔彦氏の実体験に基づいた同名ベストセラーの映画化。生体肝移植を題材にして、人命を救うために尽力する主人公の天才外科医・当麻(堤)と周囲の人々の戦いをドラマチックに描く。

映画『孤高のメス』は6月5日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]