「踊る大捜査線」幻のエピソード・潜水艦事件がゲーム化!青島やすみれも大活躍!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ゲームのキャラ化された「踊る大捜査線」メンバー。左から、青島俊作、恩田すみれ、室井慎次、真下正義 - (C) 2010 フジテレビジョン アイ・エヌ・ピー

 この夏に7年ぶりのシリーズの最新作、映画『踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!』が公開されるが、同シリーズの幻のエピソードがゲーム化されることが明らかになった。「潜水艦事件」と名づけられたこのエピソードは、ニンテンドーDSで「踊る大捜査線 THE GAME 潜水艦に潜入せよ!」のゲームとして7月15日に発売される。

 今回ゲーム化されるのは、映画『踊る大捜査線THE MOVIE』と『踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』の間にあったとされる幻のエピソード、潜水艦事件。シリーズ生みの親である亀山千広プロデューサーが監修、シリーズの脚本家、君塚良一が原案を務めるというゴールデンコンビの手による作品だ。青島俊作をはじめとするおなじみのキャラクターを含め、50名以上が登場する。

 亀山プロデューサーは今回のゲーム化について、「『踊る大捜査線』がゲームになるということに、素直に喜びを感じております。 今回のゲームは2003年に公開された映画『踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを閉鎖せよ!』の企画時にストーリーの候補だった『潜水艦事件』というシリーズ脚本家の君塚良一さんの原案を基に、各キャラクターの細かいせりふ回しまで忠実に再現した自信作です。早くプレイしてみたいと今から興奮しています。 これまで、本当に多くの方々にシリーズを御覧いただいておりますが、今度はゲームという別の世界で青島くんたちを皆様が実際に動かし、シリーズの世界観を体感してください」とコメント。ゲーム中のBGMにも、テレビや映画でおなじみの楽曲を採用していたり、シリーズのあらすじが収録されていたりと凝ったつくりになっており『踊る』ファン垂ぜんのゲームに仕上がっている。

[PR]

 また、7月に公開される劇場版第3作のストーリーにつながる展開も含まれているといううれしいおまけも付いており、映画とゲームを体験すれば、「踊る」の世界がより楽しめること間違いなしだ。

映画『踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!』は2010年7月3日より公開
ゲーム「踊る大捜査線 THE GAME 潜水艦に潜入せよ!」は2010年7月15日より発売発売元:バンダイナムコゲームス 価格:4,980円(税込み: 5,229円)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]