有吉弘行、毒舌を生かしハリウッド映画のCMナレーションに初挑戦!「おすぎさんが早く引退してくれればいいのに…」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
もう地獄はこりごり……-有吉弘行

 毒舌お笑い芸人の有吉弘行がハリウッド映画『レギオン』のCMナレーションを務めることになり、11日に東京・港区のアオイスタジオで収録現場を公開した。

映画『レギオン』ギャラリー

 過去にお笑いコンビ・猿岩石として大ブレイクしたものの長らく低迷し、現在はピン芸人として再ブレイク中の有吉。本作が天国や地獄などの神話的な世界観を描く作品であることにちなみ、芸能界で天国も地獄も経験してきた芸人という理由から、今回のナレーションに抜てきされたという。この日登場した有吉はマスコミ陣の前で、持ち味である毒舌キャラを生かしたユニークなナレーションを早速披露した。

[PR]

 終了後に有吉はCMナレーション初挑戦の感想を聞かれ「『もっと憎たらしく!』なんて注文を付けられました(笑)。映画への悪態は難しいですね」と宣伝をしなくてはいけない映画への悪態をつくという前代未聞の注文に苦労した様子。しかし「テレビの仕事もいいけど、こういう仕事も効率がいいのでまたやりたい(笑)。これをきっかけに、いろんな映画の悪口を言っていければ(笑)。今後はおすぎさんを目指していきたいです!」と映画CMナレーション分野での大先輩を目標にすると堂々宣言。さらに「後はおすぎさんが早く引退してくれればいいのに……」と得意の毒舌で記者たちを笑わせていた。なお、この日有吉がナレーションを務めたCMは5月15日から22日までオンエアを予定。悪態のプロ(?)の有吉が、苦労したという映画への悪口がどのように仕上がっているのか楽しみだ。

 映画『レギオン』は人間を見限った神が送り込んだ天使軍団と、人類との激しい闘いを描くアクション・スリラー。神を裏切り、人類のために立ち上がった大天使ミカエル率いる人類の壮絶な運命が迫力の映像で展開する。

 映画『レギオン』は5月22日より新宿バルト9ほかにて全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]