エマ・ワトソン、『ハリー・ポッター』シリーズ以来初の映画に出演か?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ついに『ハリポタ』からの第一歩? - Ferdaus Shamim / WireImage / Getty Images

 映画『ハリー・ポッター』シリーズのハーマイオニー役でおなじみのエマ・ワトソンと、映画『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』で注目を浴びた若手俳優ローガン・ラーマンが、新作映画『ザ・パークス・オブ・ア・ウォールフラワー / The Perks of Being a Wallflower』(原題)の出演交渉中であることがわかった。

エマ・ワトソンといえば!映画『ハリー・ポッターと謎のプリンス』

 本作は、実現すればローガンが演じることになる、内向的な普通の男子高校生チャーリーが、匿名の友人あてに、友人の自殺、初恋、ドラッグなど、自らの体験をつづっていくという青春群像劇。エマ・ワトソンは、チャーリーが思いを寄せるサム役を演じることになり、映画『ハリー・ポッター』シリーズ以来初の映画出演となる。

[PR]

 脚本兼監督は、原作の同名小説を執筆したスティーヴン・チョボスキーが担当することになっている。チョボスキー監督は、2005年のミュージカル映画『Rent/レント』で脚本を担当した人物でもある。

 原作は、日本では「ウォールフラワー」として出版されており、1990年代に生きる若者の青春を描いたベストセラー作品だ。今後の活躍が期待されるエマとローガンの共演が決まれば、話題作となること間違いなしだ。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]