菅野美穂と江口洋介に独占インタビュー!10年ぶりに恋人役で共演!共通点は恋愛に対して慎重な性格

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
恋愛は慎重派?菅野美穂と江口洋介

 映画『パーマネント野ばら』でみずみずしい恋人同士を演じた菅野美穂江口洋介がインタビューに応じ、恋愛に関する考え方や本作の魅力について語ってくれた。

映画『パーマネント野ばら』写真ギャラリー

 二人が共演するのはテレビドラマ「愛をください」以来、10年ぶり。本作では高知の美しい自然を背景に、仲むつまじい恋人同士をみずみずしく演じている。包容力があって男らしいヒロインの恋人役を演じた江口について菅野は「もう本当に(劇中での)江口さんはかっこいい。あんな人がいたら好きになっちゃいますね!」と大絶賛。それを受けて江口は「今回は吉田監督から『(女性の)理想の男を演じて』と言われたので……」と照れつつも「でも、この役をやって良かった(笑)!」と役得を実感しているようだった。

[PR]

 劇中ではどんなに男からひどい目にあっても恋することをやめない“肉食系”女性が多数登場し、そのたくましさやいじらしさに笑わされ、ときにホロリとさせられる。ところが二人は「実際に恋愛で肉食系になることは難しい」という考えの持ち主だそう。菅野は「好きと言ったら、同じ反応が返ってくる確信がないとなかなか投げられない」と明かすと、江口も「そうだね。好きになったらどんどんぶつかっていくのが理想なんだろうけど、同時に傷ついてもいくわけだし。『恋に見返りを求めちゃいけない』と言う人もいるけどあれはウソだよね(笑)」と語り、それぞれ恋愛に対して慎重な性格であることをうかがわせた。

 そんなふうに語る二人だが、本作の女性キャラクターたちには大いに魅了されたそうで「まるごとぶつかって痛い思いをしても、強くたくましく生きていく女性たちの生命力がすごいですね」と語る江口。「同時に人生の切ない部分も描かれている。特に女性はキャラクターに感情移入できて、前向きなエネルギーをもらえる恋愛映画じゃないかな」と女性パワーにあふれた作品だと感じている様子。菅野も「ヒロインのほかにも夏木マリさん、小池栄子さん、池脇千鶴さんなどが演じる個性豊かで愛すべき女性たちの、一生懸命な生きざまが見どころですね」と魅力的な群像劇でもあることをアピールした。はたから見て、どんなにぶざまでも幸せを求めずにはいられない女たちの性(さが)をまるごと肯定し、優しい視点で描く本作。観終わった後は温かい余韻に包まれ、人間はどうしようもないけれど、同時にいとおしい存在だと改めて感じることができるだろう。

 『パーマネント野ばら』は人気漫画家・西原理恵子による同名漫画を映画化したおかしくも切ないラブストーリー。田舎町の小さな美容室を舞台に、男性に振り回されながらも「どんな恋でもないよりまし」とたくましく生きる女性たちの恋模様がつづられる。

映画『パーマネント野ばら』は新宿ピカデリーほかにて全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]