小島聖、山田孝之に恋心あり!「なんかやばい、気になるなと思っていました」と告白!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
幸せになってください-小島聖

 5日、映画『シーサイドモーテル』の初日舞台あいさつが新宿ピカデリーで行われ、生田斗真麻生久美子山田孝之玉山鉄二成海璃子古田新太池田鉄洋小島聖山崎真実そして守屋健太郎監督が登壇した。

映画『シーサイドモーテル』写真ギャラリー

 今をときめく俳優が多数出演する本作ならではの豪華な顔ぶれが集結した華やかな舞台あいさつ。だが、先月行われたプレミア試写会のときのように自身の映画の話をしない山田は、「(成海主演の)『書道ガールズ』をよろしくお願いします」と別映画を宣伝し、そこに玉山がすかさず、「勝新太郎さんのリメイク映画もついにラストとなりました」と映画『座頭市 THE LAST』を宣伝。さらに山田は、「まさかあそこでターミネーターが出てくるとは思わなかった」と別映画の話ばかりで観客の爆笑をさらっていた。

[PR]

 一方の女優陣、小島はそんな悪ふざけばかり言う山田に対して撮影中から、「山田さんに魅力を感じていました。なんかやばい、気になるなと思っていました」と何かを感じ取った様子。そして、「監督の了解を得てあえて言いますがくだらない映画です」とアピールした。成海は、「手を縛られる役でぐったりしてしまいました」と苦労話を語り、足を露出したセクシー衣装で登場した山崎は、「大きな笑いとかはないけど、クスッと笑えます。古田さん、池田さん、山田さんの顔面が印象的でした。ちょっときつかったけど」と笑顔で悪びれることなくコメント。皆が微妙なPRを続ける中、主演の生田は、「皆さん失笑なあいさつでしたが、映画は面白いですよ」とフォローとツッコミに大忙しだった。

 最後に監督は、「これだけすごい俳優さんたちが出てくれたのは自分の映画ながら感動しました。豪華な役者さんたちの新しい魅力が見つかる映画です」としっかり本作をアピールしていた。古田は多忙のため参加する予定ではなかったというドッキリ企画も仕込まれ、普通に花束ガールとして登場した古田を見た出演者たちは「うわー。来ました」と仰天するなど、盛り上がりに欠くことのない舞台あいさつとなった。

 本作は、海もないのにシーサイドと名づけられた山奥のさびれたモーテルを舞台に、インチキセールスマンや売れないコールガールなどワケアリ男女11人が繰り広げる一夜を描く密室群像劇。主題歌はシャネルズの「ランナウェイ」。

映画『シーサイドモーテル』は新宿ピカデリーほかにて全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]