佐藤健がオアシスの最後を飾る!最後のアルバムCMに出演!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
たけるん×オアシス-佐藤健

 9月4日から公開される映画『BECK』で、ギター&ボーカルのコユキを演じた佐藤健が、昨年惜しまれつつも解散したオアシス最後のアルバム「タイム・フライズ… 1994-2009」のCMに出演し、オアシスの最後を飾ることがわかった。

映画『BECK』写真ギャラリー

 オアシスは、アルバム全7作が「UKチャート1位」に輝き、全世界で5,000万枚以上のセールスを記録した、名実共に「現代のビートルズ」と評されるイギリスの国民的ロックバンド。しかし、以前から兄弟げんかが絶えなかった弟のリアム・ギャラガーと兄のノエルの溝が埋まらず、昨年実質上解散となった。最後のアルバム「タイム・フライズ… 1994-2009」は、デビューから15年の間に発表された全シングルをコンプリートした「ベスト・オブ・ベスト」盤で、日本でも3本のCMソングに起用された名曲「ホワットエヴァー」が初めて収録されたアルバムともなる。(配給調べ)

[PR]

 今回の佐藤の出演は、映画『BECK』のエンディングテーマに、オアシスの代表曲の一つである「ドント・ルック・バック・イン・アンガー」が起用されたことで実現した。佐藤は、「オアシスの日本最後のライブとなってしまったフジロック・フェスティバル’09、あの日は大雨だったけど、実は僕自身も苗場で実際にライブを見ていたんですよ。とても感動しました」と語り、CMの中でもその感動を素直に表現したそうだ。

 『BECK』は、1999年から2008年まで「月刊少年マガジン」で連載された、ハロルド作石による人気音楽マンガを映画化したもので、仲間たちとバンドを組み、メジャーデビューを目指して奮闘する高校生たちを描いた作品。水嶋ヒロを筆頭に、佐藤健、桐谷健太中村蒼向井理という人気イケメン俳優がこれでもかと集結している。そのライブパフォーマンスの参考にしたのは、もちろんオアシス。佐藤は、「フジロックでオアシスを見た時の体験が表れています」と映画にも太鼓判を押した。

 そんな佐藤がアルバムジャケットの「空」をイメージした色調のファッションに身を包み、出演したというオアシス最後のアルバムのCMは、アルバム発売日の6月9日より放送予定。また、オアシスの日本オフィシャルサイトでも同時公開される。

映画『BECK』は9月4日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]