『アメリカン・パイ』のタラ・リード、億万長者との婚約解消理由は相手の婚前契約を拒否したため

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
マイケル・アクストマンとタラ・リード - Toni Passig / WireImage / Getty Images

 ドイツ人の億万長者マイケル・アクストマンと婚約解消したばかりのタラ・リードだが、その裏には財産をめぐる醜い争いがあったようだ。

 マイケルの父親で億万長者のシグフリード・アクストマンは、婚約解消の理由はタラが婚前契約を結ぶの拒否したためだったことを明かした。婚前契約は、離婚した際に財産分与などを事前に決めておく契約で、夫婦となるどちらかに巨額な財産がある場合は財産を持っていかれないためにも結ばれることの多い契約である。タラはこれを拒否したらしいが、シグフリードはかなり見下したコメントをRTLテレビのインタビューでしている。「アメリカの法廷にわが一族の家業を軽視されたくはなかったし、カッコウの托卵はゴメンだった」とのこと。カッコウはほかの鳥の巣に自分の卵を産む習性を持ち、この発言からシグフリードは最初からアメリカ人のタラが家族の一員となると、生まれてくるかもしれない子どもを使って家業や財産をのっとられることを懸念していたようだ。

 婚約解消直前にタラは、ウエディングドレスも選び、まるでプリンセスのようだと結婚式を楽しみにし、ワンダーランドのような式にするんだとはしゃいでいた。(BANG Media International)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]