『トイレット』荻上直子監督、新作で起用したカナダ人俳優は「とにかくヘンな子」!本人も「当たっています」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ほんわかオーラが漂います。左から-荻上直子監督、もたいまさこ、デヴィッド・レンドル

 荻上直子監督の3年ぶりの新作映画『トイレット』の完成披露試写会が6月24日、東京・スペースFS汐留で行われ、荻上監督をはじめ、すべての荻上作品に出演している女優のもたいまさこ、そして本作で映画デビューを果たしたカナダ人俳優、デヴィッド・レンドルが舞台あいさつに立った。

映画『トイレット』写真ギャラリー

 本作はバラバラに生きてきた3人兄妹(レンドルら)が、母の死をきっかけに、彼らの祖母である日本人女性のばーちゃん(もたい)との共同生活を通して、きずなを再確認するハートウォーミングな一作。かつてアメリカ留学を経験した荻上監督が、「いつか北米に戻って映画を作りたい」という願いを実現すべく、オールカナダロケを敢行。最もキャスティングが難航したのは、引きこもりのピアニストである長男役。「とにかくヘンな子を探したが、全然いなくて」と振り返る荻上監督の前に、最後の最後で現れたのがレンドルだったという。

[PR]

 一方、即決で長男役に大抜てきされたレンドルも、「当たっています。役柄に共感する部分もありますし……」と自分がヘンだと重々承知している様子。役者としてテレビドラマや舞台に出演するかたわら、画家としても活躍中だそうで、アーティストとしての苦悩に共感できたんだとか。今回、初めて来日を果たしたレンドルは、「うな丼がとってもおいしい」とご機嫌。時差ボケのせいか、少々のんびりとした部分もまた、役柄のイメージに合っており、もたいも長身の“孫”レンドルを見上げながら、ほほえましい笑顔を浮かべていた。

 『トイレット』は、引きこもりのピアニストの長男モーリー(レンドル)、ロボットオタクの次男レイ(アレックス・ハウス)、エアギターにハマる末っ子リサ(タチアナ・マズラニー)が母親の死を機に、生前母が呼び寄せたという祖母(もたい)と奇妙な共同生活を送りながら、家族のきずなを取り戻す姿を描く。

映画『トイレット』は8月28日より、新宿ピカデリー、銀座テアトルシネマ、シネクイントほか全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]