ロンドン市長「ハリポタ」テーマパークに遺憾の意「なぜロンドンではないのだ?」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
エマ・ワトソン(中央)をはじめ、来場したキャスト陣は大喜びとのことでしたが……。 - Handout / Getty Images

 ロンドン市長が、イギリスを舞台にした『ハリー・ポッター』のテーマパークがアメリカに建設されたことに不満を示している。

 ハリー・ポッターのテーマパーク「ウィザードリング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」は、フロリダのユニバーサル・オーランド・リゾートに建設され、先日エマ・ワトソンなどが一足早く見学をして大喜びしている様子が報じられたばかり。しかし、国の代表的な作品がアメリカの金儲けに使われることをロンドン市長はよく思っていないようだ。

 イギリスのデイリー・テレグラフ紙によると、ジョンソン市長は18か月前にワーナー・ブラザーズに連絡を取り、ロンドン市内にテーマパークを作ることを薦めたというが、フロリダ州が太刀打ちできない金額のオファーを出したため、あっさりアメリカに持っていかれてしまったという。「ハリー・ポッターはアメリカ人ではない。彼はイギリス人だ。ダイアゴン横丁はどこにある? ロンドンだよ。魔法省に行きたければどうする? ロンドンの公衆電話ボックスから行くんだ。ホグワーツへの電車はキングス・クロス駅から出ていて、グランドセントラル駅ではない」と細かい点を指摘し、そもそも原作の底辺にあるのはアメリカでは体験できないイギリスの寄宿学校生活だと主張している。

 ジョンソン市長は文句だけでは止まらず、ロンドンにもテーマパークを作るよう原作者のJ・K・ローリングと映画会社に手紙を書くようハリー・ポッターのファンに訴えた。「この国の子どもたちと、ポッターファンを抱える親たちにお願いです。ワーナー・ブラザーズ、ユニバーサル、J・Kにハリーをイギリスに連れて帰ってくるよう頼んでください」と呼びかけている。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]