iPadとiPhoneでアカデミー賞公認のハイクオリティーな短編映画が鑑賞可能に!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
iPad用アプリケーション「映画祭が選ぶ世界のプレミアムショートフィルム」

 米アカデミー賞公認、アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア」はすでに発売されているiPhone用に続き、iPad用アプリケーションを発表した。これでいつでもどこでも良質な短編映画を観ることができるようになった。

 「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア」はすでにiPhone用のアプリケーションをリリース。1作品ごと115円~230円での販売で、全120作品を順次公開している。アカデミー賞にノミネートされた作品も含まれるなど、クオリティーの高い作品がそろったことで話題になっていた。

 今回発表されたのは、5月末に日本で販売開始されたiPad用のアプリケーション。映画祭で優秀賞を受賞した作品を中心に九つのコンテンツを一つにまとめたパッケージでの販売となる。作品はすべてiPad用にハイクオリティーな画像処理が施されており、鮮明な画像が楽しめるようになっている。

[PR]

 iPad用のアプリケーションには、木下優樹菜の初主演となる映画『ゆっきーな』や、「秘密結社鷹の爪」シリーズのFROGMANが手掛けた映画「me, too」なども含まれている。世界中から集められた短編映画の中には、これからの活躍を期待されている落合賢監督の作品もあり、アカデミー賞公認の看板はだてじゃないことを証明している。ほかにもメイキングや予告編の入ったコンテンツも配信されており、どのように短編映画が作られるのかを観てみるのもご一興?

iPadアプリ「映画祭が選ぶ世界のプレミアムショートフィルム」は2010年6月販売予定 価格:1,200円(7月31日までは特別価格800円)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]