『バットマン』のマイケル・キートン、『アイアンマン2』などの続編ものはロクなものがないとコメント

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
マイケル・キートン - Neilson Barnard / Getty Images

 映画『バットマン』のマイケル・キートンが、ヒットした映画の続編にロクなものはないが、自分の作品は違うとコメントした。

マイケル最新映画『トイ・ストーリー3』写真ギャラリー

 マイケルは、映画『アイアンマン』などオリジナル版が大ヒットすると、ハリウッドはすぐに続編を作り、まともなストーリーもないまま製作をすると批判。「『アイアンマン2』もストーリーに内容がないから1作目ほどよくないと聞いている。続編を作る連中は怠けていると思うよ。もっと頑張るべきだ」とイギリスのデイリー・エクスプレス紙にコメントし、楽な道を選びがちなハリウッドに喝を入れた。

 続編には批判的なマイケルだが、自分が主演した『バットマンリターンズ』についてはコメントせず、ケン人形の声として出演している『トイ・ストーリー3』はオリジナル版よりも出来がいいから例外だと言い切っている。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]