フェイスブックを創業した青年演じるジャスティン・ティンバーレイク、SNSには懐疑的

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
同じ創業者のNapsterとは、音楽を製作する側と著作権の問題で争った過去もあるジャスティン・ティンバーレイク

 メキシコのカンクンで、デヴィッド・フィンチャー監督の新作『ザ・ソーシャル・ネットワーク』(原題/全米10月、日本は2011年1月公開)の会見が開かれた。フィンチャー監督は出席できなかったが、メインキャストが登壇。 “恋多き男”として有名なジャスティン・ティンバーレイクも現れるとあって、会見場は熱気に包まれた。

 この『ザ・ソーシャル・ネットワーク』は、世界中に広まったSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)の「facebook」を19 歳で創業し、“ネット時代のビル・ゲイツ”と呼ばれた青年の物語。ジャスティンは、そのfacebookの初代社長で、「Napster(ナップスター)」という音楽ファイル共有サイトを創設したショーン・パーカーを演じている。Napsterは、音楽を製作する側と著作権の問題で争った過去もある。

 「ミュージシャンの僕がこの役を演じるのは皮肉だよね。しかも僕自身は、SNSはチャリティーなんかで有効活用するべきで、ただ単に誰かとつながるために使うことに懐疑的なんだ。だって僕には電話で話したり、直接会ったりできる友だちがいるわけだし…」 こう冷静に語るジャスティンも、デヴィッド・フィンチャー監督の現場は予想外の驚きがあったという。

[PR]

 「デヴィッドは、とにかく妥協を許さない人。僕がこれまで会ったなかで最も頭のいい人でもある。彼はひとつのカットに対し、80テイクとか90テイクとか平気で撮るんだ。照明や小道具をほんの少し変えながら、完璧なビジュアルを追求する。だから僕らキャストは、一日の撮影が終わったら、ぐったり疲れ果てて爆睡する毎日だったよ(笑)」

 ジャスティンのコメントに強く同意していたのは、共演者のアンドリュー・ガーフィールドで、彼は次期スパイダーマン役に決定した“時の人”。話題のキャストも含め、この『ザ・ソーシャル・ネットワーク』は完成度の高さが予想され、早くも次回のアカデミー賞に絡むのでは、という憶測が飛び交っている。(取材・文/斉藤博昭)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]