映画『GANTZ』、フランスに上陸!岸本恵役の夏菜GANTZスーツを世界に披露!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
凱旋門の前でポーズをとる夏菜

 2011年新春と春に前後編の2部作で公開予定の映画『GANTZ』が、フランスにて現地時間7月1日から4日まで開催された「Japan Expo」で、前編で鍵を握る岸本恵を演じた夏菜が、GANTZスーツを一般客の前で初披露! 主演の二宮和也松山ケンイチより応援コメントも届けられ、フランスはもとより世界中から押し寄せたファンを熱狂させた。

 この「Japan Expo」に、二宮は「会場にも原作ファンの方がたくさんいらっしゃると思いますが、僕もその一人なので、玄野計役をやらせていただくと決まったときはすごくうれしかったことを覚えております。この映画にかかわったすべての人たちが原作の大ファンです。尊敬していた作品を一つ一つ実写化していき、映画版『GANTZ』といいますか、新説“GANTZ”ができあがったのではないかと思います。ぜひとも楽しみにしていただきたいと思います。また皆様と、映画館で会えたらと思います」とコメント。また、松山は、「GANTZの撮影は映像を見てもらうとわかる通り、スーツや武器など本当に漫画に忠実で、僕も実際に着てみたり使ってみたりしましたが、その世界に入り込めるようなリアルなものでした。常に夜の撮影で、そのような所もまたちょっと変わった世界観で面白いかと思います。本当にトレビアンな作品です! 皆さん楽しみにしていてください」とまさに本作の期待が高まる、自信たっぷりの応援コメントを寄せた。

 本作の原作は既刊28巻で累計1,100万部の超人気SFアクションコミック。死んだはずの人間が「GANTZ」に召還され、「星人」と戦うことになるという独創的な設定とスピード感あふれるアクション描写で、日本だけでなく、ヨーロッパを中心とした日本カルチャー好きの若者たちにカリスマ的な人気を誇っている。

 今回のイベント敢行は、その人気を受けて実現したもの。東京ドーム2つ分の広大なイベントスペースに約17万人が来場した「Japan Expo」において、トークイベントで、会場に用意された約300席は開演30分以上前に満席にし、サイン会でも、予定していた200枚のサイン用チラシがすぐになくるほどの大盛況を見せた。また、本編のプロモーション映像を流すと、集まったファンたちはスクリーンに釘付けになり、映像が終わると、大きな歓声と拍手が起こり、自作でGANTZスーツを作成し、夏菜に直接熱烈なGANTZ愛をアピールしたファンもいたという。

[PR]

 『GANTZ』はヨーロッパではフランス・オランダ・ドイツなど続々と配給が決まっており、今回のイベントは、世界中の「GANTZ」ファンのさらなる期待を高めるものとなった。

映画『GANTZ』は2011年新春、春に前後編2部作にて全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]