最新作も絶好調の「踊る」ファミリーが赤塚不二夫氏の半生を映画化!浅野忠信、堀北真希が共演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
どんな赤塚ワールドを見せてくれるのか?-左から浅野忠信、堀北真希

 2008年8月2日に亡くなった日本を代表する漫画家、赤塚不二夫氏の半生が、映画『これでいいのだ!! 映画★赤塚不二夫』として映画化されることがわかった。浅野忠信が赤塚氏役を務める。

 今回映画化されるのは、赤塚氏の大半の人生を一緒に楽しみ、一番近くで目撃し続けた編集者・武居俊樹氏の著書「赤塚不二夫のことを書いたのだ!!」。武居氏は、漫画「レッツラゴン」で、「武居記者」として登場するほど赤塚氏に愛された男でもある。そんな男・編集者を演じるのは、女優の堀北真希。設定を女性に変えての大抜てきとなった。

 堀北は、「誰かを支えようと頑張り、自分も成長する。すてきな役をいただきました。わたしも頑張って赤塚さんの本気の遊びについていきたいと思います!」と意気込みを語っている。一方、赤塚氏を演じる浅野は、「赤塚不二夫さんが大好きなのでこの役をやれることが本当にうれしいです。僕の感じていた魅力を伝えられるように楽しみます」と赤塚氏のファンであったことを明かし、この出演を心から喜んでいる様子だった。

[PR]

 脚本を手掛けるのは、「踊る大捜査線」シリーズで知られる君塚良一。「赤塚不二夫さんの人生は、彼が描くマンガのようにギャグそのものであり、狂気と孤独をも抱えています。映画も、笑いと哀(かな)しみにあふれた作品になるでしょう」と話している。メガホンを取るのは、君塚が監督した映画『容疑者 室井慎次』で監督補を務めていた佐藤英明。公開4日目にして興行収入100億円を突破! その強さを見せつける「踊る」ファミリーの二人が、赤塚氏の半生に挑む。撮影は4日にすでに始まっており、8月初めにクランクアップ予定。

映画『これでいいのだ!! 映画★赤塚不二夫』は2011年初夏全国公開予定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]