AKB48の新ユニットのメンバー3人が野球部のマネージャーになって恋するモテキャラに

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「フレンチ・キス」の柏木由紀、高城亜樹、倉持明日香

 人気絶頂のグループAKB48の柏木由紀高城亜樹倉持明日香が新ユニット「フレンチ・キス」を結成し、秋にデビューシングル「ずっと 前から」をエイベックスから発売することが公表されたが、同タイトルのオリジナルドラマDVDも収録されCDに付属で発売されることが決定した。

 ドラマのテーマは「相手を一途に思い続ける真っ直ぐな心」となっており、野球部のマネージャーにふんした3人が、野球部のエースとマネージャーの恋など、王道青春ラブストーリーを演じる。AKB48のメンバーが出演したドラマ「マジすか学園」では、メンバー3人ともヤンキーにふんし、素の本人ともかけ離れていた役柄を演じていたが、今作では、秋元康氏が「一番女の子っぽくて彼女にしたい、親にまで紹介したい3人組」と評した本人たちの素の魅力にあふれたドラマとなった。

 監督には、映画『SHINOBI』やドラマ『あしたの、喜多善男 ~世界一不運な男の、奇跡の11日間~』を手掛けた下山天を迎え、DVDオリジナルドラマでありながらも、本格的なドラマ作品に仕上がっている。下山監督は「誰もが経験した10代のころの想いをしっかり代弁していて、同世代だけでなく沢山の方々に共感していただけると信じています」と自信のほどを明かした。

[PR]

 柏木は今回の演技について、「下山監督に演技を教えていただいて、脚本もわたしたちの名前の役で、内容もわたしたちに寄せていただいていたのでうまく演じようというよりは、監督からも感じたまま等身大で演じて欲しいと言われましたので、その部分を意識しながら演技しました」と自然体で臨んだことを明かした。

 また、高城も無理に演技をする必要がなかったようで「もともと演技が得意ではないけれど、演技をしてみたいと思っていたので、ドラマをやると聞いて楽しみにしてました。アキの役柄も明るくて、普段のわたしに近いそのままのキャラクターで演じることができたので、やりやすかったです」と語った。

 一方で倉持は、「わたしも演技をあまり経験したことがなくて、今回どうしようかと不安でした。演技力がすごいわけでもないし、どうやったら伝えられるかと悩んでいましたが、監督が間合いとか言葉に対しての動きを一から教えてくれて、収録をしていき、ドラマを経験するうちに、これからも演技をさらにやりたいと思うようになりました」とかなり演技について努力をしたことを明かした。

 そんな三人がそれぞれ素の自分に近いというキャラを魅力たっぷりに演じる40分のドラマはクオリティーの高い一つの作品として要注目だ。

「ずっと 前から」のCD+DVDは9月8日にエイベックスより発売

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]