コミコンに『ハリー・ポッターと死の秘宝』登場で大きな拍手!スカヨハ夫も登場し6,000人大熱狂!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
優しそうな人柄にファンから歓声を受けるライアン・レイノルズ - Photo-Yuko Yoshikawa

 サンディエゴ・コミコン・インターナショナル2010の3日目となった24日の朝、コンベンション・ホール最大のホールHで、ワーナー・ブラザースのパネル・ディスカッションが開催された。ワーナーが配る、体の半分が隠れてしまうような巨大なバッグはコミコン名物となっており、ミシンを持ち込んで、このバッグを洋服に仕立ててしまうという人もいるそうだ。

映画『ハリー・ポッターと死の秘宝(PART 1)』場面写真

 まずは、ニューオーリンズでまだ撮影が続いているSFアドベンチャーの3D映画『グリーン・ランタン』(原題)より、主演のライアン・レイノルズをはじめ、人気ドラマ「ゴシップガール」のブレイク・ライブリーピーター・サースガード、映画『007/カジノ・ロワイヤル』で知られるマーティン・キャンベル監督らが壇上に登場。すると、6,000人で埋め尽くされた会場が大きく沸いた。

[PR]

 テストパイロットであるハル・ジョーダンとスーパーヒーロー、グリーン・ランタンの二役を演じるライアンは、彼のキャラクターのことを「ハン・ソロとチャック・イェーガー(アメリカ空軍のパイロットで、世界で初めて音速を超えた人)の間」と表現。「パンチを繰り出し、ジョークを言って、女の子にキスできる」とこの役を演じることをとても楽しんでいるそうだ。なお、原作コミックのコスチュームにある白い手袋ははめないそうだ。彼の恋のお相手で、会社のボスでもあるキャロル・フェリスを演じるブレイクは、普段金髪だが、「もしファンに殺されたくなかったら髪を染めないとだめだ」とセキュリティーの男性に言われたそうで、ブラウンに染めたという。

 フッテージでは、ライアンが指にリングをはめ、そのグリーンのエネルギーが悪党どもをやっつけるところなどが登場。質疑応答に登場した幼い少年の姿に、ライアンは目を細めて「君はなんてキュートなんだ!」とあふれんばかりの笑顔に。子供好きの優しそうな人柄に、ファンの歓声はいっそう高まった。また、仮装するとしたら何になるかと聞かれ、「ウーキーだね。キュートでデンジャラスだから」と応えていた。最後には、一人の女性観客にリングをプレゼントするなど、ファンサービスも忘れないライアンだった。

 そして、いよいよ前後編の2部作で最終章を迎える映画『ハリー・ポッターと死の秘宝』からは、トム・フェルトンが登場。残念ながら主役3人の来場は叶わなかったが、ファンの熱狂ぶりはすごかった。「この最後の2本のために、ここまでビルドアップしてきたんだよ」とトムは明かす。フッテージの映像は、内容的にダークだが、美しく息を呑む迫力で、大きな拍手が巻き起こった。

 最近のコミコン人気の基を作ったといわれる映画『300 <スリーハンドレッド>』のザック・スナイダー監督は、自ら脚本も手掛けたアクション・ファンタジー『サッカー・パンチ』(原題)で登場。今回はメインキャストのほとんどが女性で、エミリー・ブラウニングヴァネッサ・ハジェンズジェナ・マローンジェイミー・チャンらが登壇。精神病院に入れられた女性たちの物語で、銃を撃ちまくる激しいアクションにダンスシーンもあり、スナイダーらしいクールで痛快なエンターテインメント作品になりそうだ。「こういった作品では珍しく深みのあるキャラクターを作ってくれてうれしい」とキャストたちは口をそろえて話していた。(取材・文:吉川優子 / Yuko Yoshikawa)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]