水嶋ヒロ、「今まですてきな想い出をありがとう」閉店するHMV渋谷に感謝!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
『BECK』ではすてきな演奏を見せた水嶋ヒロ

 1日、映画『BECK』とHMV渋谷がコラボしたイベントが開催され、映画に出演する水嶋ヒロ佐藤健桐谷健太中村蒼向井理がHMV渋谷を表敬訪問し、音楽をテーマにしたトークライブを行った。

映画『BECK』写真ギャラリー

 ファンションやアートなどの情報発信源として強い個性を発揮してきたHMV渋谷。そんな若者のシンボル的な場所にふさわしい5人が登場すると、多くのファンで埋め尽くされたイベントスペースは割れんばかりの歓声が巻き起こる。8月22日に閉店が決まっているこの場所にとって最後の映画イベントとなることについて、主演の水嶋は「学生時代の想い出がいっぱい詰まっている場所なので寂しいですね」と感慨深げに語ると、桐谷や向井、中村なども同じように「学生時代はもちろん、今でもよく来る場所なので……」と寂しそうな表情を見せた。

[PR]

 また映画『BECK』が音楽を題材にしていることについて水嶋は「やっぱり楽器が課題でしたね。人気コミックということもあり、どうやって演奏などで説得力を持たすかが難しかった」と撮影当時の苦労話をすると、向井も「僕の役はベースはすごい上手い役だったので、撮影中は必死でした」と心情を吐露。佐藤は「はじめてギターを触ったんですが、劇中のコユキもギター初心者という役だったので、共感できたし、ギターを持って現場に行く自分の姿が青春ぽくて良かった」と笑顔を見せると、会場からカワイイという声が上がった。

 トークショー中は、桐谷がムードメーカーになり常にメンバーから笑いが絶えない状態で、息もピッタリ。桐谷が「僕とひと回りも年が違う」という中村も「僕はドラムの担当だったのですが、桐谷さんはすでにドラムができる人で……。いつも僕の前でドラムを叩いて“ドヤ顔”するので、すごいプレッシャーでした」と泣きを入れて会場から笑いを誘っていた。

 最後に水嶋から「今まで素敵な想い出をありがとう」とHVMに対して感謝を述べ「ぜひ、22日の閉店までに足を運んでさらに想い出を作って欲しい。そして僕らのBECKも観に来てください」とアピールしていた。

 本作は、累計1,500万部の売り上げを誇るハロルド作石の青春音楽コミック「BECK」を、映画『トリック』シリーズなどを手がけた堤幸彦監督で実写映画化。仲間たちとメジャーデビューを夢見て、音楽に没頭する高校生たちを描いた青春ストーリー。

 映画『BECK』は9月4日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]