ウィル・スミスの子ども、兄妹そろって超個性的なヘアスタイル!妹は12歳の兄のキスシーンにダメ出しも!!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「もっと女の子との接し方があるでしょ!」強気な妹ウィロウ・スミスと兄ジェイデン・スミス

 映画『ベスト・キッド』のジャパンプレミアが5日、東京・六本木ヒルズアリーナで行われ、主演のジェイデン・スミスジャッキー・チェン、そしてプロデューサーのウィル・スミス、ジェイダ・ピンケット=スミス、さらに娘のウィロウ・スミスがレッドカーペットに登場。超豪華な来日メンバーの登場に、会場に集まった約2,000人のファンは暑さを忘れて大熱狂した。

映画『ベスト・キッド』写真ギャラリー

 同日お昼に行われた来日記者会見では、地毛を活かしたボンバーヘッドだったジェイデンは、数時間の間に髪型を劇中と同じコーンロウ(編みこみヘア)にチェンジ。革ジャンを見事に着こなし、早くもスターのオーラを放っていた。レッドカーペットでは父親譲りのサービス精神を発揮。レッドカーペットを終えて、一度は舞台裏に退いたジェイデンだったが、師匠役で共演したジャッキーが通常のルートを外れ、沿道のファンにも駆け寄っていく姿を見ると、すぐさま再登場。“師匠”の後を追って、沿道で待っていたファンに握手で応えた。

[PR]

 一方、妹のウィロウも、右側だけをガッツリ刈り上げるという超個性的なヘアスタイルで登場。ロックテイストあふれる衣装も光っていた。そんなウィロウは、劇中で兄ジェイデンが披露する熱演に「本当にすごい! ボコボコにされるシーンは泣きそうになっちゃった」と妹らしいかわいいコメント。しかし、キスシーンについては「わたしが求めていたものと違った。ハグしたり握手したり、もっと女の子との接し方があったはず」と手厳しいダメ出し! これにはジェイデン本人はもちろん、両親のウィル&ジェイダもタジタジだった。

 『ベスト・キッド』は母親の転職で、アメリカから北京に引っ越して来た11歳のドレ(ジェイデン)が、カンフーの達人であるハン(ジャッキー)との出会いを通して、文化の違いや周囲からのいじめを乗り越え、成長する姿を描く。1984年に製作され、世界中に空手ブームを巻き起こした同名映画のリメイク。

映画『ベスト・キッド』は8月14日より新宿ピカデリーほか全国公開(8月7日、8日に先行上映、一部劇場を除く)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]