田丸麻紀、セクシーシーンに初挑戦!「グラビアを見て研究しました」ミニスカでアクションも

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ナマ脚がとても美しい田丸麻紀

 7日、シネマート六本木にて映画『特命女子アナ 並野容子 LOVE IS OVER』の舞台あいさつが行われ、主演の田丸麻紀不二子伊藤猛安部魔凛碧田尻裕司監督が登壇し、撮影秘話を展開した。

 テレビドラマ化や映画化された柳沢きみお原作の人気コミック「特命係長 只野仁」。そのスピンオフ作品として、ファンから支持を受けていた「特命女子アナ 並野容子」が昨年に引き続きシリーズ第2弾として劇場公開された。「特命」シリーズと言えば、派手なアクションやお色気たっぷりの駆け引きなどが見どころの一つとなっているが、主演を務めた田丸は「今までアクションやセクシーシーンを演じたことがなかったので、大変でした。特にセクシーシーンは、グラビアとかを見て、ポージングとか表情を勉強しました」と感想を語る。

 アクションでは、かなりはっきりとした衣装が多かったらしく「探偵という役なのに、かなり目立つ衣装で…。あれじゃあ、すぐにバレちゃいますよね」と田丸が言うと、「今回の映画のテーマは、主演が田丸さんだったので、“カッコいい女”を全面に出したいと思っていました。だからローアングルから足を強調した撮り方をしたんです」と田尻監督が秘話を明かす。すると「でもミニスカでのアクションシーンはすごく動きづらかったですよ」と苦笑いで応戦した。

[PR]

 また、田丸の同僚アナとして出演した不二子は「1番人気の女子アナという役が、どういうものなのか難しく、ワイドショーを見て研究しました」というと、田丸をいじめるアナ役の安部は「作品の中では、Sっぽいシーンがありますが、普段もSなんです」とカミングアウトで会場を沸かせていた。

 本作は、昼は地味で窓際あつかいを受けているテレビ局の女子アナ、並野容子(田丸麻紀)が、夜は会長の特命で、会社に関わるさまざまなトラブルを解決していく痛快なストーリー。

 映画『特命女子アナ 並野容子 LOVE IS OVER』はシネマート六本木にて公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]