伝説の映画『ベスト・キッド』リメイク版、男と女で感動ポイントがここまで違う!?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
雨の日も、風の日も……ジャケット着る! ジャケット脱ぐ!

 ウィル・スミスの息子ジェイデン主演でよみがえった伝説の映画『ベスト・キッド』のモニター試写会でアンケートを行ったところ、男性と女性とで感動ポイントが大きく違うことがわかった。

映画『ベスト・キッド』写真ギャラリー

 モニター試写会に訪れた男性の中には、1984年に製作されたオリジナル版への思い入れが深い人も多かったようで、アンケートには「オリジナルが好きだったから、リメイクはどうなんだろうと思って鑑賞しました」という意見がほとんど。しかし、実際に映画を観た感想は、「正直、セリフを聞いて懐かしさは覚えたけれど、主人公を演じるジェイデンが、あまりにも上手でまったく嫌な気持ちにはならなかった」というものをはじめ、「アクションシーンは、ジャッキーが出演しているのもあって、こちらのほうがすごかった!」というものなど、リメイクへの抵抗よりも、ジャッキー・チェンが“魅せる”アクションシーン、そして試合のシーンに感動したという意見が圧倒的だった。

[PR]

 一方の女性は、主人公ドレを演じるキュートなジェイデンへのラブコールが集中! オリジナル版は高校生が主人公だったが、今回ジェイデンが演じた主人公は12歳という設定。「さわやかに描かれた初恋が印象的」という初々しい初恋のシーンや、 「ジェイデンが演じるドレの、ひたむきで一生懸命な姿が健気でかわいかった」という意見など、アクションシーンよりも、主人公の成長ぶりに感動したという声が多かった。

 いじめられっ子だったドレが、ジャッキー演じるカンフーの達人からのトレーニングでだんだんと強くなっていく姿にワクワクする男性と、小さな主人公のけなげな姿に思わず涙してしまう女性……。感動のポイントはそれぞれ違うが、みんなが新しい映画『ベスト・キッド』に、ハマってしまったことは事実のようだ。

 本作は、ノリユキ・パット・モリタ演じるミスター・ミヤギの「ワックス塗る! ワックス拭き取る!」が世界的に有名になった、『ベスト・キッド』のリメイク版。今回は、空手からカンフーとなり、主人公も小学生……と舞台や設定がずいぶんと変わっている。上映前は、「あれだけの人気作をリメイクなんて失敗する!」などのバッシングにもあった本作だが、全米で公開後は、ジェイデン・スミスの芸達者ぶりと、ジャッキー・チェンとの息の合ったコンビも高評価。「ワックス塗る!」の名セリフが、「ジャケット着る! ジャケット脱ぐ!」に変わり、アメリカのちびっこたちの間ではすでに大流行! 日本もアメリカも、観た人みんながハマった新生『ベスト・キッド』で、さわやかな感動を味わってほしい。

映画『ベスト・キッド』は8月14日より新宿ピカデリーほか全国公開(8月7日、8日に先行上映、一部劇場を除く)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]