神田うの、別居婚の質問をリップサービスでかわす!夫は「愛犬のお眼鏡にかなった男性」とのろけ全開!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
余裕の表情で愛犬とのきずなを語る神田うの

 10日、新宿明治安田生命ホールで映画『きな子~見習い警察犬の物語~』公開記念愛犬家トークショーが行われ、タレントの神田うのと愛犬のロケット、本作の主題歌を歌うMetisと愛犬、そしてドッグトレーナーの宮忠臣と本作の出演犬であるきな子が登場。以前、夫との別居が話題になった神田が、自らその話題を切り出し、改めて報道を一笑した。

映画『きな子~見習い警察犬の物語~』写真ギャラリー

 「犬と人とのきずな」という本作のテーマに共感した神田は、ヨークシャーテリアの愛犬ロケットと登場。きな子を見るや、「とってもかわいかったよ~! わたしもワンちゃんを13年間飼っているので、愛犬のことを思いながら観ていました。きな子ちゃん、よく頑張りましたね~!」とかわいくてたまらない様子。

[PR]

 神田は以前、夫で実業家の西村拓郎氏との別居報道に、「別居はうののライフスタイルなの!」とコメントしたことを踏まえて、報道陣から愛犬ロケットとだんなさんのどちらと居ることが多いか質問されると、「ロケットは実家に居るので、夫と一緒のことが多いですよ」と答えたが、「あ、でも別居婚をしているから、半分半分かも」とリップサービス。神田の実家は自宅から10分ほどの近距離らしく、「家が二つあるようなものですからね。仕事場みたいなものですよ」と別居婚について聞き出そうとする報道陣をうまくかわした。

 愛犬とのきずなは強固なようで、「家族以上に家族」だと答える神田。「わたしが悲しかったりつらいときも、どうしたの? とスーッと側に来て癒やしてくれるんです。何で悲しいのかわかっているみたい。ワンちゃんテラピーというか、アニマルテラピーですね」と笑顔を見せた。しかも神田の愛犬には男性を見る目があるようで、「言い寄ってくる男性でも、この人はいい人、この人は悪い人と教えてくれるんです」とのことで、独身時代は守ってもらっていたそうだ。夫の西村氏はロケットのお眼鏡にかなった男性だとのろけていた。

 本作は、警察犬試験に6回挑戦するも不合格。それでもめげずに挑戦を続ける見習い警察犬きな子と、その訓練士を目指す女性・杏子(夏帆)の奮闘を描いた感動作。香川県が生んだ“ズッコケ見習い警察犬”きな子の実話を基に心温まる物語を作り上げた。

映画『きな子~見習い警察犬の物語~』は8月14日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]