秋山莉奈、黒のガーターストッキングのゴスロリファッションで登場!撮影の予想以上の過激さに天然ボケ連発!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ゴスロリ衣装で映画をアピール!! 秋山莉奈

 24日、映画『ゴスロリ処刑人』の完成披露記者会見がポニーキャニオン本社で行われ、作品中の衣装であるゴスロリファッションに身を包んだ主演の秋山莉奈青柳塁斗佃井皆美、そして小原剛監督が出席した。

映画『ゴスロリ処刑人』場面写真

 ゴスロリの衣装を着たのは、撮影期間中だった昨年12月以来という秋山は、「たくさんの人の前に立ってドキドキしています。それとやっぱり夏は暑いなと感じました(笑)」と会場を笑わせるも、「気が引き締まりますね。この衣装を着てキャストの皆と並ぶと、戦わなきゃ! って思います!」と本作の見どころである派手なアクションシーンの撮影を振り返った。

[PR]

 また最初に映画の話を聞いたとき、秋山は「ゴスロリとかアクションとか人を処刑するとか、いろいろなことが頭に入りすぎてよくわかりませんでした。ドキドキワクワクしながら想像を膨らませていたけれど、まさかこんなに血のりが降るとは思っていなかったです(笑)」と予想以上に過激であったことを明かしたが、一方で「ハードでしたがすごく現場が楽しかった。出来上がりを観て、こんなにすごいことをしていたんだ! と改めて感じました」とご満悦の表情。

 ところが共演者の青柳は、本作の要素の一つである「スプラッター」について、「スプラッターという言葉を初めて聞いて、あまり理解できていなかったんです。どういう種類の映画なんですか?」と遅すぎる質問を監督にぶつけ、「血の雨がたくさん降る、ジェイソンのような残酷な映画の総称です」と教えられてようやく納得の表情。秋山に「いまさら?」と突っ込まれていた。

 また、続編の制作について前向きな発言を監督がすると、すかさず秋山が「(今回の)キャストはちゃんと参加させてくれますか?」と猛アプローチ。すると監督も「当たり前でしょ!」と即答し、映画のヒットと続編制作を一同で願っていた。

 映画『ゴスロリ処刑人』は謎の暗殺集団に母親を惨殺された少女が、ゴスロリファッションに身を包み復讐(ふくしゅう)の鬼と化すスプラッター・エンターテインメント。

映画『ゴスロリ処刑人』は9月4日よりシアターN渋谷ほか全国で順次公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]