ジェシカ・アルバ コーヒーを要求する2歳の娘への対処法は?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ジェシカ・アルバ

 映画『マシェティ / Machete』(原題)でリンジー・ローハンと共演しているジェシカ・アルバが、トークショーで2歳の娘オナー・マリーについて語った。

ジェシカ・アルバ出演映画『アイズ』写真ギャラリー

 ジェシカママによると、たった2歳でもオナーちゃんは頑固で強い意見を持っているとのこと。「もうあっちこっち歩きまわるし、しゃべるし、意見を主張しまくっているわ。自分がほしいものやニーズを口にするの。朝はコーヒーを飲みたいっていうのよ。だから、水をコーヒーカップに入れて渡しているの。大人と同じコップを使うのが好きなのよ。あとは、大きめの男の子用のTシャツとプリンセスの服がお気に入り。誰も教えていないのにね」と司会のデヴィッド・レターマンに笑って語った。

 笑顔で娘について語るジェシカだが、きちんとしつけはしているという。「厳しくしつけているわ。食事の時間の時は、どんなに泣きわめこうと食べさせる。理由もなく泣いたときは“タイムアウト”を取らせるわ。タイムアウトがイヤだから泣くのをやめるの。自分でも悪いことをしたときはわかっていて、『オナーはタイムアウトしないとダメ?』と自分から聞いてきて、『そうね、タイムアウトが必要ね』って感じ」とすっかりベテランのママの貫録だ。タイムアウトとは、子どもが何か悪いことをしたときに、反省させるために一時的にいすに座らせて席を立つこと、しゃべることを禁止したり、部屋にこもらせたりする教育方法で、ジェシカの家でも大活躍しているしつけ方法のようだ。(BANG Media International)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]