ナタリー・ポートマン、アンジー辞退の映画『グラヴィティー』へ主演か?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
すっかり実力派女優に!-ナタリー・ポートマン

 アンジェリーナ・ジョリーが2度の出演オファーを断ったという映画『グラヴィティー / Gravity』(原題)で、ナタリー・ポートマンが、配給元のワーナー・ブラザーズから正式なオファーを受けたとハリウッド・リポーターのブログ版が報じた。アンジーが出演辞退したという本作だが、宇宙でのミッションで一人生き残った主人公の女性が、娘のいる地球への帰還を目指すSF大作で、主演女優の演技がキーとなってくる一作だ。

 『グラヴィティー』には、ロバート・ダウニー・Jrの出演が決まっていたが、主演女優については、アンジーが1度拒否した後、脚本に修正を加えるなどして再度アンジーにオファー。しかし、それも辞退となり、スカーレット・ヨハンソンか? ブレイク・ライヴリーか? とさまざまな憶測を呼んでいた。

 今回のナタリー・ポートマンの起用は、現在第67回ヴェネチア国際映画祭に出品中の映画『ブラック・スワン』の高評価が大きな要因になった様子。ナタリーは、『ブラック・スワン / Black Swan』(原題)において、バレエ演目「白鳥の湖」で白鳥と黒鳥の一人二役を演じることを命じられたバレリーナを、吹き替えなしのダンス、自慰行為シーン、レズビアンシーンなども含めて体当たりに演じている。ハリウッド・リポーターのブログ版によれば、ナタリーの『グラヴィティー』出演は、あとはナタリーの返事次第だそうだ。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]